会ったことのない相続人より相続分を譲渡してもらった事例

会ったことのない相続人より相続分を譲渡してもらった事例

相談内容

依頼者の母親(被相続人)が亡くなった。母親には前夫との間に子がいるが、依頼者は会ったこともなかった。

被相続人は自宅不動産の共有持分を保有していた(依頼者との共有)が、持分の評価額は小さい額であった。

依頼者は、前夫の子とどのように協議すればよいか分からなかったし、遺産は少額なのでできれば放棄してほしいと考えていた。

受任後の経緯

前夫の子に対して手紙を作成し、遺産は存在するが共有持分であり評価額が少額であることについて具体的な数字をあげて説明した。

その結果、前夫の子より相続分の譲渡を受けることができた。

相続問題のことならお任せくださいLeave the inheritance matters to us.

無料相談はこちらから